馬場さんの人生談義

ローン特約の注意すべき点について

家を購入するときの売買契約書にはローン契約というものがあります。もしも住宅ローンの融資が受けられなかった時には、売買契約を白紙にできるというものがローン特約です。契約は0になり、頭金も戻ってきますので、本当に元どおりです。ローン特約をつけておくことは、売買契約を交わす時には必須です。ローン特約を結ぶ時には、その金融機関名、金利や返済方法をはっきりさせておくことで、トラブル防止になります。セオリーとしてはそうなっていますが、時に例外もあります。住宅ローンは、住居を購入する時とほぼ同時期になりがちです。新築マンションのように完成まで半年も1年も待たなければならない場合には、売買契約時点で住宅ローンを決めるのはおすすめできません。契約内容をはっきりさせることを重視するのであれば、できるだけ明確化しておいた方がいいともいえますが、どう考えるべきでしょう。どんな住宅ローンかは、明記しておきましょう。そして、ローン特約の詳細のところに、最終的に利用するローンは買い主が承諾した内容に変更することができるという文章を書き足しておくことで解決するでしょう。最終的に決定する住宅ローンの内容が、売買契約時の内容に左右されないものであれば問題はありません。不動産会社と契約内容について交渉をすることで、有利な条件でローン特約を組めるようにしておきましょう。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ